だだ だだ

「時間は、父にとって、無限に自分のものだったように見える。たった59年ぽっちの短い生涯ではあったけれど、実は、何百年、何千年、何万年という果てしない時間を、ちゃっかり私有していたのではないかと、私は密かに疑っているのであ…

Continue reading