劇団もっきりや いよいよ今夜、朗読劇「母さんの教えてくれなかった八月」上演

真夏の夜、ASAGAYAアート・フェスティバル3日目の8月5日、劇団もっきりやの朗読劇「母さんが教えてくれなかった八月」が阿佐ヶ谷七夕祭りの中の阿佐ヶ谷アルシェで上演いたします。

8月5日(日)17時~18時 

“なぜか、今、70年前に遡っていく母”……杉浦が8年前に思いのまま書いた戯曲です。そして、今この8月に、どうしても上演したいと思いました。今回は追放者の音楽ともいわれる独自な世界をもつ砂漠の音楽隊Guelb er Richat ensembleと劇団もっきりやの朗読芝居とのコラボです。なにが現れてくるか……乞うご期待!

 

朗読劇「母さんが教えてくれなかった八月」 作:杉浦久幸

出演:門岡瞳・杉浦久幸・中路美也子

音楽:砂漠の音楽隊Guelb er Richat ensemble(ゲルブ アル リシャット アンサンブル)

料金:1,000円 (会場でのお支払いとなります)

※開演の30分前(16時30分)

【劇場】阿佐ヶ谷アルシェ 東京都杉並区阿佐谷南1ー36ー15レオビルB1
JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩3分
東京メトロ 丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩10分 アルシェ℡: 03-3317-0321

劇団もっきりや事務所: ℡/FAX  03-3389-7057

 

紹介 管理人

劇団もっきりや。ひとりとひとり