2018.11.30(金)、12.1(土)現代悲劇集 ふたりの書き手による、ふたりの女優が演じる、ひとり舞台二題

劇団もっきりや×PHLIA PROJECT が この冬におくる現代悲劇集です。是非、ご観劇ください。

ふたりの作家、二瓶龍彦(PHLIA PROJECT)と劇団もっきりやの杉浦久幸の書き下ろし。女優、砂漠の音楽隊Guelb er Richat ensembleの歌い手、ダンサー、パフォーマー等、多彩な顔をもつ祥Syanと劇団もっきりやの門岡瞳が現代悲劇集の2つのひとり芝居を演じます。乞うご期待!

 

わたしたちが失ってしまった神話的物語。

それは、大きな命のつながりの物語。       

今、ふたりの女優が、悲劇のひとり舞台へ。

命の重さ、尊厳をめぐる悲劇が、未来への希望の糧となる物語へ。

「去ってしまった海の彼方に ~人魚の歌声が聞こえない明日」

作・演出 杉浦久幸 出演 門岡瞳

「銀の川 シマアオゲラ 舞い舞い ~小さな声の糸が切られるとき」

作・演出 二瓶龍彦 出演 祥Syan

11月30日(金)19時30分

12月1日(土)14時・18時 開場は開演の30分前

場:駒込教会

前売 3,500円

当日 3,800円

予約・問い合わせ 劇団もっきりや事務所 090-1802-6379

hitomi.kadooka@nifty.com

 

紹介 管理人

劇団もっきりや。ひとりとひとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です