本日3・13 「難民カシーダ 一夜」 で詩読します。

西武新宿線野方の「くんちゃん」で難民カシーダ 1夜 と題してゲルブ・エル・リシャット・アンサンブル(砂漠の音楽隊)とコラボします。
魅酒健太郎さん(ノーボーダーシンガー)の魂歌もあります。独特の世界観でつづられた音楽をお楽しみください。
劇団もっきりやは今回は小島力さんを特にやります。
くんちゃんは、禁煙ではない……酒場なのでちょっとそこは、喫煙者には天国です
。もちろん、煙のいかない席もありますが、小さな場です。
禁酒法の時代の酒場Speakeasyの雰囲気のような場……そこから自由闊達な対話を目指しています。
2016年3月13日(日)
17時 open 18時 star焼酎場ぁ~ くんちゃん 野方駅歩5分 (西武新宿線野方駅の改札を抜け左へ、商店街を100m、2分弱進み、松屋の角を右折。60m。Y字を左。みつわ通り90m先、左手地下)。

¥1,500

【出演】
魅酒健太郎(noborder singer)
杉浦久幸/門岡瞳(劇団もっきりや)
Guelb er Richat ensemble(砂漠の音楽隊)

「難民カシーダ」
表現の自由がおびやかされはじめている昨今、やりたいように表現する場として考えました。
今後、世界で難民は増え続けると思います。福島を巡るこの国の人たちも難民です。そんなことから、タイトルをつけました。カシーダとは、アラブ歌謡の原型
となった詩の形式です

紹介 管理人

劇団もっきりや。ひとりとひとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です