夜のなかを…… 劇団もっきりやVOL.29 4月13日~16日

今年初の詩読、楽しい夜会となりました。もっきりやのひとりとひとり、微熱も覚めやらぬなか、劇団もっきりやの29番目の公演が決まりました。今春4月13日(木)~16日(日)、南阿佐ヶ谷の「かもめ座」です。杉浦久幸 新作です。さてさて、なにが飛び出すか……今回は飛び出します。お楽しみに! 順次お知らせいたします。

夜のなかを歩みとおすときに助けになるものは橋でも翼でもなく、友の足音だ、ということを、ぼくは身にしみて経験している。ぼくらは夜のさなかにいる。ぼくは、ことばでもって闘争しようとつとめてみて(トーマス・マンが、あの下劣な「戦時下の思想」を公表していたしね)、その時にわかったのだが、夜に抗して闘争する者は、夜のもっとも深い暗黒をも動かし、夜をも発光させなくてはならない。(ベンヤミンの書簡から)

文化座の「命どぅ宝」本日、千秋楽です。こちらも宜しくお願いいたします。

紹介 管理人

劇団もっきりや。ひとりとひとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です