劇団もっきりやとは?

もっきりやは演劇集団です。

劇団もっきりやは現在、杉浦久幸と門岡瞳の二人だけで構成されています。

男と女の日常生活で起こる、微妙な心理の駆け引きや恋愛形態を、よりシンプルに表現するために、たった二人だけの演劇活動を展開してまいりました。
もちろん役者だけではなく、私たちのやりたい事をとことん追究したいと考え、企画から台本制作、装置、衣装、音響、美術、制作等、照明以外を全て二人だけで分担してきました。
そうした独特な活動は、最近とくに注目を集め、新聞、TV等で紹介され、きめ細かな芝居創りにおいて評価をいただき、夫婦だからこそ表現できる微妙な男女間の心理描写は、もっきりやならではの演劇表現だと自負しております。

また、私たちは一貫して、私たちの日常生活の中から題材を探し、自分たち自身の生活に即した等身大の芝居を創り上げる事を第一とし、その中から、男と女が形作る優しさや哀しさ、可笑しさ、矛盾等々を表現してきました。劇団もっきりやが「私小説演劇」と評される点はまさにこの辺りにあると思っています。

 

コメントは受け付けていません。