2016.7.29 難民カシーダ 第2夜 焼酎場あ~ くんちゃん 

「そんなことで俺が黙ると思ったか」 長沼通郎。 東京新聞8月10日付の『平和の俳句』です。選者は金子兜太さんといとうせいこうさん。 もっきりやの「彼方のつぐみ」という芝居で、舞台一面に新聞紙を敷き詰めるため、各紙を集めた…

Continue reading