夢見月の候 劇団もっきりや第30回公演は「アラクネの恋  ──昨日まで傍観者だった貴方に」 

劇団もっきりや第30回公演

『アラクネの恋』──昨日まで、傍観者だった貴方に

  

公演 2018419日(木)~422日(日)
19時/21(土)14時・19時/22(日)14時
※開場は開演の30分前
場所   ART THEATERかもめ座 
東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩5分
「阿佐ヶ谷駅」徒歩10分
03-3393-4058
かもめ座 http://www.kamomeza.com/”>www.kamomeza.com
東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-5-2 牧野ビルB1
お問い合わせ・申し込み 劇団もっきりや 03-3389-7057

出演 石出 勇騎/石渡 孝/門岡 瞳/杉浦 久幸/鈴木 あゆみ/中路 美也子/仁志 はじめ

照明 常盤 数行
音楽 天羽 憲治
制作 高橋 省二&もっきりや
チラシ 絵  二瓶 龍彦
デザイン ウガリット デザイン事務所

料金  前売 3000円/当日 3200

アラクネにはわからなかった
神様がなぜそれほどお怒りになるのか
私になぜ罰をお与えになったのか
観たままを観たままにあらわしたのがなぜいけないのか
蜘蛛に変えられて 腹から糸を吐きながら
その糸で機を織ることが贖罪なのか
そうだとしたら
もしもそうだったのだとしたら
>恋人よ 神様に伝えてください
貴方が傍観者でいたことの
その罰は
誰が負うのか
と……

クモの話 
 今回の作家は書きながら、蜘蛛の巣、蜘蛛の巣とうわ言みたいに呟いている。劇団もっきりや30回公演は「アラクネの恋 ──昨日まで、傍観者だった貴方に」だという。蜘蛛の巣ロジックだと呟かれると、蜘蛛が無性に気になってくる。『蜘蛛』というと子どもの頃、よくジグモの探して遊んだ。袋に住むクモが不思議で面白かった。今から思うと蜘蛛にとって、家を壊すような輩ですごく迷惑だったと思う。クモの巣は、陽にキラと輝き綺麗だったが、巣にかかる蝶に出くわすことがあって怖くなった。その糸は結構粘り強い感触だった。それからアイヌの蜘蛛ヤオシケプの神。4つの手をもつヤオケシプカムイが、野盗からコタンを守る神謡がある。蜘蛛は身近なところに密やかにいるのだ。

「アラクネ」とはギリシャ・ローマ神話で神に挑んだため、蜘蛛に変えられた娘だ。機織の名手で、或る時、彼女は「女神アテナでも私ほどの機は織れないだろう」と言い放った。女神アテナに機織勝負を挑み、アテナは戦争を……神々と人間の闘いで敗北する人間の姿を、アラクネは神が人間の女たちと愛し合う姿をみごとに織り上げてみせた。アテナは怒りアラクネの織物を引き裂いた。絶望して首を吊った彼女をアテナは憐れんだのか、許さなかったのか……彼女を腹から糸を吐いて機織に励む蜘蛛の化身に変えた。

 さて、もっきりやの「アラクネの恋」はどうだろう──この時代のアラクネの巣に捉えられたもの──ここはニホンという国。神のいる処。家族を紡ぐ男、拾われた女、探す女、名無しびと、影のないもの、一心不乱なおんな、忘れられない罪を背負う男……現代のアラクネを巡る物語がここからはじまります。乞うご期待!

2月17日 ゲルブ阿佐ヶ谷名曲喫茶ヴィオロン演奏會 劇団もっきりや『詩読み』で出演!

寒中お見舞い申し上げます。もっきりやのひとりとひとり、寒さにも負けず金欠にも負けず、風邪にもめげず「詩読み」で喋りまくっていきます。今月末には、憲法寄席の公演として移動朗読劇「たかし君の校則改正草案」もって、九州にうかが…

Continue reading

印牧さんのこと

12月2日に印牧真一郎さんを偲ぶ会のコンサートが行われた。ずっと整理がつかないでいたのだ。今でも印牧さんが逝ったとは思えない。ちょっと旅に出ていて、春ともなれば「合唱団の風のコンサートで詩読みしてくれないか」とか連絡がき…

Continue reading

憲法寄席 緊急ライブ!のお知らせ 9月17日(日)14時~・18時~ /18日(月)14時~

今日からはじまります。本郷文化フォーラムで「憲法寄席」緊急ライブ!─戦争&壊憲NO!「朝鮮半島と日本」─。劇団もっきりや杉浦久幸、門岡瞳も出演いたします。第一部は「朝鮮半島と詩人たち」。詩を読みます。過去から今まで詩人た…

Continue reading